2: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:25:32.63 ID:ndX3JznY0

~早朝、事務所にて 


芽衣子「おはよーございまーす」 

モバP(※以下表記P)「おはよう」 

芽衣子「プロデューサー、今日も?」 

P「ん、あぁ、帰っていない」 

芽衣子「ちゃんと寝てる?」 

P「少なくとも居眠りしない程度には休んでいるから」 

芽衣子「いつでも膝貸すよ?」 

P「あれは俺への負担が大きいからあの一回だけにしてくれ」 

芽衣子「ちぇー」 


3: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:26:11.11 ID:ndX3JznY0

P「そういう並木も随分早いな」 

芽衣子「ふたりのときは芽衣子って呼んでもいいんだよ?」 

P「別に恥ずかしいから苗字で呼んでいるわけじゃないし、なにがあっても名前で呼ばない」 

芽衣子「強情なんだからー」 

P「それで、朝早い理由は?」

4: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:26:39.78 ID:ndX3JznY0

芽衣子「プロデューサーが無理してないか、見張り?」 

P「疑問系かよ」 

芽衣子「すぐ無理するでしょ?」 

P「俺はひとりしかいないからな」 

芽衣子「だからだよ?」 

P「手伝ってもらうことはないよ」 

芽衣子「なんでもやるよっ」 

P「気持ちだけでいい」


5: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:27:31.26 ID:ndX3JznY0

芽衣子「むぅ~、せっかく早起きしてきたのにぃ」 

P「俺がいなかったらどうしていたんだ」 

芽衣子「んー、絶対いるなって予感があったんだよね」 

P「ニュータイプかよ」 

芽衣子「プロデューサーが地球の裏側にいたって見つけちゃうよ♪」 

P「……ふふっ」 

芽衣子「あっ、笑われた!」 

P「いや……並木なら本当にやりかねないなっておもって」 

芽衣子「割と本気だよ?」 

P「そうかい」


6: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:27:58.89 ID:ndX3JznY0

芽衣子「いたわけだから私の予感てきちゅー、ってねー」 

P「そうだな」 

芽衣子「反応薄いよー」 

P「なんだ、アメリカ人みたいな反応がお望みか」 

芽衣子「それはそれで見たいかも」 

P「しないけどな」 

芽衣子「ワーオ、そりゃないぜ!」 

P「そっちがやるんかい」


7: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:28:50.03 ID:ndX3JznY0

P「……しかし」 

芽衣子「どうしたんだい、ジョニー」 

P「誰がジョニーだ。いや、朝っぱらからテンション高すぎやしないか」 

芽衣子「そうかな?」 

P「もうやめるんかい」 

芽衣子「文句ばっか!」 

P「徹夜明けの俺もそこまでテンション振り切らない」 

芽衣子「今日は6時間寝たかなー」 

P「めちゃくちゃ普通だな」


8: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:29:32.36 ID:ndX3JznY0

芽衣子「そういうプロデューサーは?」 

P「……3時間くらいか?」 

芽衣子「仮眠だね」 

P「しないよりはマシだろ」 

芽衣子「そうだけどねー」 

P「脳の休息はできているから問題ない」 

芽衣子「そういう問題?」 

P「1分間瞼を閉じるだけでも効果があるんだからな。視覚情報をシャットアウトして、脳の負担がその瞬間だけでも減れば……」 

芽衣子「そういうのを聞いてるんじゃないってば、もーっ」 

P「最後まで言わせろよ」 

芽衣子「プロデューサーの薀蓄を聞きに来たわけじゃないの!」


9: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:30:15.75 ID:ndX3JznY0

P「仕事の邪魔でもしに来たか」 

芽衣子「そんなんじゃないってばー。はい、これ」 

P「……弁当?」 

芽衣子「朝ごはんまだでしょ?」 

P「まぁ、そうだけど……」 

芽衣子「栄養くらいはしっかりとらないとね!」 

P「並木……料理できたんだな……」 

芽衣子「できるよ?」 

P「なんか、ごめん……」 

芽衣子「え~、できないっておもわれてたんだ~」 

P「そういうキャラじゃないだろうって……」 

芽衣子「ちょっとショック~」 

P「いや、本当ごめん……」


10: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:31:34.33 ID:ndX3JznY0

芽衣子「ま、別にいいんだけどねー。ほら、食べよ食べよ♪」 

P「……初めて作ったとかじゃないんだよな?」 

芽衣子「地元にいたときは自分でお弁当作ってたりしてたんだよ?」 

P「意外だ……」 

芽衣子「たまーにだけどね」


11: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:32:08.93 ID:ndX3JznY0

P「おぉ……ちゃんとした弁当だ……」 

芽衣子「これが私の女子力だよっ!」 

P「並木の女子力舐めてたな。いや、感心したよ……はー……」 

芽衣子「そこまで!?」 

P「スクランブルエッグじゃなくて卵焼きだよ……俺、作れないんだよな……」 

芽衣子「ふっふー、私の勝ちー♪」 

P「本当に食べて大丈夫なの?」 

芽衣子「そう確認するー? じゃああげなーい」


12: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:32:38.83 ID:ndX3JznY0

ぐぅ~…… 

芽衣子「……」 

P「……」 

芽衣子「盛大な鳴き声だね」 

P「飲み物以外を摂取したのが日を跨ぐ前だからな……」 

芽衣子「しょうがないなぁ、もう」 

P「ありがたくいただきます……」 

芽衣子「最初から素直になればよかったのにね?」 

P「おっしゃる通りです……」 

芽衣子「はいはい、どうぞめしあがれ♪」 

P「……いただきます」


13: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:33:49.93 ID:ndX3JznY0

P「……」モグモグ 

芽衣子「どう? どうかなー?」 

P「……並木の家の卵焼きはだし巻きなんだな」 

芽衣子「ってことは、プロデューサーの家は甘い卵焼き?」 

P「あぁ、だからあんまりおかずって感じはしなかったんだけど」 

芽衣子「口に合わなかった?」 

P「いや……おにぎりもらっていいか?」 

芽衣子「もちろん♪」 

P「ん、うん。こっちのが米と合ってイケる」モグモグ 

芽衣子「ホント? ホントに?」 

P「うん」モグモグ


14: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:34:29.13 ID:ndX3JznY0

P「おー、きんぴら」 

芽衣子「それ、それ冷食じゃないんだよ!」 

P「手作り」モグモグ 

芽衣子「そうっ、ちゃんと作ったんだ!」 

P「うまい」 

芽衣子「えへへ~♪」 

P「これは?」 

芽衣子「それはちくわだよ」 

P「揚げたのか?」 

芽衣子「半分に切って、マヨネーズをくぼみに入れたあとパン粉ふってトースターでチンッ、したもの!」 

P「へぇ……んまい、つまみにもよさそうだな」


15: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:35:06.76 ID:ndX3JznY0

P「ピーマン……」 

芽衣子「あ、もしかして苦手だったり?」 

P「いや?」モグモグ 

芽衣子「なんの間だったの!?」 

P「ピーマンとツナ、いいな」 

芽衣子「それ簡単にできるんだよ。鶏ガラスープで味付けてレンジでチンするだけー」 

P「チンするの好きだな」 

芽衣子「あっちでこっちでって効率よくできるからねっ」フンス 

P「並木の口から効率なんて言葉が……」 

芽衣子「意外と手際いいんだよー!」 

P「自分から意外とって言うのか」


16: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:35:51.60 ID:ndX3JznY0

P「……」 

芽衣子「きれいに全部食べちゃったね」 

P「ごちそうさま」 

芽衣子「よろしゅうおあがり」 

P「……京都弁?」 

芽衣子「うん。たぶんね?」 

P「和歌山だろ?」 

芽衣子「まぁ、関西だし?」 

P「そういうもんなのか」 

芽衣子「そーゆーもの!」


17: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:36:48.08 ID:ndX3JznY0

P「久しぶりに朝まともなものを食べた気がする」 

芽衣子「食べないの?」 

P「いや、食べるんだけど、コンビニでパンとかおにぎりとか買うだけだから」 

芽衣子「朝はちゃんと食べないと!」 

P「並木は作ってたりするのか?」 

芽衣子「うん」 

P「しっかりしてるんだな……」 

芽衣子「さっきから、信じられない……みたいな顔してー」 

P「まず料理できるとおもっていなかったから」 

芽衣子「失礼しちゃうなっ!」プンプン


18: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:37:30.30 ID:ndX3JznY0

P「いや、でも朝起きて、とか大変だろ」 

芽衣子「たまーにサボって食パン焼くだけ、って日もあるけどねー。もう慣れたかな?」 

P「はー、ちゃんとしてるもんだ」 

芽衣子「そうだよー、芽衣子さんちゃんとしてるんだよー」 

P「これから認識を改めないとな」 

芽衣子「いつでもお嫁にいけるから! およめーこ!」 

P「結婚で電撃引退とかあまり笑えないからやめてくれよ」 

芽衣子「……」 

P「どうした?」 

芽衣子「んー、そういう意味で言ったんじゃないけど、まっ、いっか」 

P「?」


19: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:38:10.33 ID:ndX3JznY0

芽衣子「それにしても」 

P「ん?」 

芽衣子「誰もこないね」 

P「8時にもなっていないからな」 

芽衣子「まだそんな時間なんだね」 

P「早く来すぎだ」 

芽衣子「プロデューサーに言われたくないよ」 

P「俺はずっと事務所にいたから」 

芽衣子「すぐ屁理屈言うんだからさー」


20: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:38:43.11 ID:ndX3JznY0

芽衣子「事務所にふたりっきりなんだね」 

P「そうだな」 

芽衣子「静かだねー」 

P「騒がしくなった印象だが」 

芽衣子「私が来たから?」 

P「それ以外にあるか?」 

芽衣子「ひどー」 

P「まぁ、これくらい音があった方がいいよ」 

芽衣子「雑音扱いとか」 

P「そこまで言ってないだろ」 

芽衣子「せっかくプロデューサーのために早起きしてきたのに~」 

P「恩着せがましく言うな」


21: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:39:13.47 ID:ndX3JznY0

芽衣子「大変なのはわかるけどさ」 

P「あぁ」 

芽衣子「無理はしないでね?」 

P「いきなり真面目なトーンで、なんだ」 

芽衣子「倒れたりしたら、やだよ」 

P「社会人何年やってるとおもってるんだ」 

芽衣子「だから余計、だよ。事務所で寝てるだけならいいけど」 

P「自分のことは自分が一番よくわかっているから」 

芽衣子「そういう発言する人ほどわかってないとおもうんですけどぉー」


22: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:39:53.72 ID:ndX3JznY0

P「心配かけたのは謝るよ。わざわざありがとう」 

芽衣子「……」 

P「……なんだよ。鳩が豆鉄砲くらってもそんな顔しないぞ」 

芽衣子「今日のプロデューサーなんか素直」 

P「なんだよ」 

芽衣子「疲れてる?」 

P「疲労がないわけじゃないな」 

芽衣子「熱は?」ピトッ 

P「ない」グイッ


23: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:40:35.84 ID:ndX3JznY0

芽衣子「あっ! もーっ、すぐ離したらわかんないよ!」 

P「お前、お前な」 

芽衣子「ほら、おでこ」 

P「軽率に額を合わせようとするな!」 

芽衣子「だってこれが一番わかりやすいんだもん」 

P「だもん、じゃないよ! だいたい距離が近すぎるんだよ!」 

芽衣子「近くないとできないじゃん!」 

P「しなくていい!」 

芽衣子「体温計は?」 

P「ないよ」 

芽衣子「じゃあこれで」 

P「だからいいって!」


24: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:41:03.62 ID:ndX3JznY0

P「第一、熱があるかの確認なら手でやれ、手で!」 

芽衣子「うん」 

P「いや、やろうとするなよ!」 

芽衣子「なんなの!」 

P「大人同士でやることかよ」 

芽衣子「心配してるのに!」


25: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:41:29.23 ID:ndX3JznY0

芽衣子「もう、いいからほら、おでこ出して」 

P「いや、しつこいな!」 

芽衣子「ほらほら、観念しー?」 

P「いいって言ってんだろ、この……」 

芽衣子「諦めも肝心だよ?」 

P「俺は諦めが悪いんでね」 

芽衣子「しーつーこーいー」 

P「こっちのセリフだ!」


26: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:42:13.54 ID:ndX3JznY0

芽衣子「往生際が悪ーい!」 

P「悪役みたいなこと言いやがって……!」 

芽衣子「ふははは、おとなしく降参するのだー!」 

P「だからテンション高……お、うわ、あんまりこっちに力」 

芽衣子「え?」 

P「うおあっ!」 

芽衣子「ひゃあ!」


27: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:42:40.72 ID:ndX3JznY0

P「……」 

芽衣子「……」 

P「……あのー」 

芽衣子「……はい」 

P「どいてくれない?」 

芽衣子「ヤダって言ったら?」 

P「困る」 

芽衣子「じゃあ」 

P「朝から困らせるな」 

芽衣子「えー」 

P「えー、じゃありません」


28: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:43:16.80 ID:ndX3JznY0

芽衣子「これさ」 

P「あぁ?」 

芽衣子「普通なら反対だよね?」 

P「なにが」 

芽衣子「私が下で、プロデューサーが上ってこと」 

P「そうだな」 

芽衣子「ドキドキする?」 

P「いろんな意味でな」 

芽衣子「ふぅーん」 

P「近いし」 

芽衣子「もっと近づいた方がいい?」 

P「逆がいい」


29: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:43:45.34 ID:ndX3JznY0

芽衣子「遠慮しなくてもいいのにー」 

P「この状況を遠慮したい」 

芽衣子「我慢は体によくないよ?」 

P「今の状態が体と心によくないわ」 

芽衣子「じゃあ無理に押しのければいいのに」 

P「……できないとわかって言っているだろ」 

芽衣子「どうかなー?」


30: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:44:17.79 ID:ndX3JznY0

P「とにかく、並木が離れてくれないと俺は動けない。わかるな?」 

芽衣子「だねー。だからこのままでいるんだけど!」 

P「突然話が通じなくなったな」 

芽衣子「私もね」 

P「なんだよ」 

芽衣子「ドキドキしてるよ?」 

P「……」


31: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:44:52.27 ID:ndX3JznY0

芽衣子「聞いてみる?」 

P「待て、それ以上近づくな」 

芽衣子「そろそろ腕がつらいなー」 

P「じゃあどけろ」 

芽衣子「あ~、倒れちゃう~」 

P「しばらく演技の仕事は断るか」 

芽衣子「あれ、意外と余裕?」 

P「脇汗がひどい」 

芽衣子「そりゃ大変」 

P「目も冴えた」 

芽衣子「それはいいことだね」


32: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:45:27.98 ID:ndX3JznY0

芽衣子「あ、でも本当に腕限界かも」 

P「なら早くどきなさい」 

芽衣子「プルプルしてきた!」 

P「並木」 

芽衣子「だからこれは事故、ってことかな?」 

P「おい!」


33: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:46:13.87 ID:ndX3JznY0

ガチャッ 

美里「ってことがあったんですよぉ。あっ、おはようございますぅ~」 

ちひろ「プロデューサーさん、おはようございまー……」 


P「……」 

芽衣子「……」 

美里「……」 

ちひろ「……」


34: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:46:56.03 ID:ndX3JznY0

P「……おはようございます」 

ドサッ 

P「うぐっ」 

芽衣子「お、おはようございまーす……」


35: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:47:42.70 ID:ndX3JznY0

美里「えっとぉ……」 

ちひろ「……プロデューサーさん。芽衣子ちゃん」ゴゴゴゴゴ 

芽衣子「……はい」 

P「……なんでしょうか」 


ちひろ「 朝 っ ぱ ら か ら な に を や っ て い る ん で す か ? 」


36: ◆ksPx5/M7Wg 2016/12/18(日) 02:48:15.96 ID:ndX3JznY0

おわり 


このあと、ふたりは床に正座してこってり絞られましたとさ