1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:17:02.37 ID:A6ibG+pUo

【モバマスSS】です 


 閲覧注意


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:17:54.79 ID:A6ibG+pUo

 ある日突然、それは起こった。 

 白坂小梅が歌えなくなった。 
 白坂小梅が踊れなくなった。 

 歌えはする。歌詞は覚えている。 
 しかし、それは今までの小梅の歌ではなかった。 
 声は小梅に間違いない。 
 それがまるで、小梅そっくりな声の素人が歌っているように聞こえるのだ。 
 これまでのレッスンが全く生かされていない。素人レベルの歌唱力。 

 踊れはする。振り付けはぎこちないながらも覚えているようだ。 
 ただ、ぎこちない。見様見真似で踊っているように見える。 
 振り付けだけを頭で覚えて、ぶっつけ本番で踊っているようなダンス。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:18:21.83 ID:A6ibG+pUo

 何があったのかと聞いても首を振るだけ。 
 やる気が無いというわけもなく、急遽呼び出されたトレーナーのレッスンを熱心に受けている。 
 そのレッスンを見ていたプロデューサーは確信する。 

 彼女は白坂小梅ではない、と。 

 尋ねれば全ての質問に答えた。 
 小梅しか知り得ないことも知っていた。 
 小梅が他のアイドル達と交わした言葉の内容も知っていた。 
 ただ話すだけならば、白坂小梅以外の何者でもない。 

 ただ、一つのことを除けば。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:18:57.87 ID:A6ibG+pUo

 話し方が少し変わっていた。ほんの少しだけ。 
 気付いたのはプロデューサーだけでなく、幸子、乃々、輝子の三人。そして涼も。 

 ほんの少し、しかし拭えない違和感。 

 それでも仕事は続けなければならない。 

 歌えない、踊れない。 
 いつかは歌えるようになる、踊れるようになる。 
 そう信じるしかない。 

 マスコミには白坂小梅の急病と発表された。 

 そしてプロデューサーは動く。 

 小梅に何が起こったのか。 
 何が、起こらなかったのか。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:19:46.15 ID:A6ibG+pUo

 ――なあ、小梅。何があったんだ 

「何も……ないよ?」 

 ――単刀直入に聞いて良いかな 

「……うん」 

 ――お前、歌とダンス、どうした。ありゃあ、なんだ 

「ごめんなさい」 

 ――謝らなくていいよ。理由があるなら……思い当たる節があるなら言ってくれ 

「ごめんなさい」 

 ――おい 

「ごめんなさい」 

 ――お前、このままだと引退になりかねないぞ 

「……ごめん……なさい」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:20:27.11 ID:A6ibG+pUo

 ――緊急入院ってことで少しは時間は稼げる。その間にレッスンしなおすか、理由をはっきりするか 

「……はい」 

 そこは事務所の息のかかった小さな病院だった。 
 入院患者がこっそり抜け出してレッスンを続けるのは難しくない。 
 むしろ、そのための病院と行ってもいい。 

 トレーナーは首を傾げたが、それでも小梅は初歩からのレッスンを開始した。  
 そして、誰が見てもオーバーワークだと思えるほど、小梅は身体を酷使した。 
 まるで、素人から一気にプロになろうとでも言うように。 

 無理がある。 
 誰もが、そう見えていた。


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:20:54.04 ID:A6ibG+pUo

 ――お疲れ 

「……プロデューサーさん」 

 ――ああ、そのままでいい。なんなら、寝ちまっても良いくらいだ 

「うん」 

 ――あれ、なんだ、そのアクセサリー 

「触らないでっ!!」 
「あ、あの……ごめんなさい」 

 ――いや、俺にデリカシーが無かった。すまん 

「ごめんなさい」 

 ――見たことあるなそれ、似たようなものを


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:21:21.14 ID:A6ibG+pUo

「……ドリームキャッチャーだよ」 

 ――思い出した。ネイティブインディアンに伝わってるってやつか 

「うん」 

 ――悪夢から守ってくれる魔除けだっけ 

「……これは、ドリームキャッチャーとは、違うけど、守って、くれるよ」 

 ――何かに襲われたのか? それでダンスや歌が 

「それは、違うけど」 

 ――だったら、その魔除けと何か関係あるのか 

「……」 

 ――その魔除け、少し借りても良いか? 


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:21:48.94 ID:A6ibG+pUo

「駄目」 

 素早い返事。一度目の大声が無ければ、これも大声だったのだろうなと思えるほどの強い口調。 
 関係あるのは確かじゃないか、とは口にせず、プロデューサーはその場を退く。 

 ――わかったよ。まあとりあえず、二三日はゆっくり休め。精神的な疲れかもしれないしな 

 気休めを言い、病室を出る。 
 少し歩くと、涼がいた。 

 声を掛けるのはほとんど同時。 
 話そうとした内容もほぼ同じ。 
 当たり前のように、小梅のこと。 

 涼は尋ねる。 
 あれは本当に白坂小梅なのかと。 

 プロデューサーは尋ねる。 
 何故違うと思うのかと。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:22:20.96 ID:A6ibG+pUo

 涼は答える。 
 わからないと。 
 わからないが何かが違うと。 

 プロデューサーは答える。 
 小梅の物真似が異常に巧い誰かだと。 

 涼の表情が変わった。 
 プロデューサーの言葉が腑に落ちた。そんな表情に。 

 では、誰かとは誰なのか。 
 二人は同時に問うた。 

 答えはない。 
 小梅の物真似、だけならば候補はいる。ファンの中にもいるだろう。 
 だが、それだけではない。 
 物真似だけでは説明のつかないレベルの類似性。 
 私生活の細かい部分まで知っている。 
 普段の行動、他のアイドル達との会話、食事の仕方、歩き方。 
 全てが似ている。しかし本物ではない。どこかがぎこちない。 
 紛れもない小梅の動きであり行動であり言葉でも、何かが違う。


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:22:48.81 ID:A6ibG+pUo

 箇条書きにしてそれぞれを個別に挙げてみるならば、全てが紛れもない小梅の言動。 
 しかし繋げるとそれは、途端に色褪せて別人の行動となる。 

 小梅に詳しい。本人と見紛うレベルで詳しい。 
 まるで、その一挙一動の全てを普段から間近で観察しているように。 
 全てだ。アイドル活動だけではなく、プライベートも含めて。 

 いるじゃないか、と言うプロデューサーに涼は首を傾げ、何かに思い至る。 

 小梅の普段の言を全て信じるならば答えは一つ。 

 “あの子” 

 “あの子”が、今の小梅の正体。 
 小梅にとりついた、あるいは入れ替わった。 

 “あの子”なら、小梅の一挙一動を全てすぐそばで見ていた。 
 小梅をこの上なくよく知っているだろう。 

 踊れなくなった日。 
 歌えなくなった日。 
 それが入れ替わった日だというのなら。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:23:17.23 ID:A6ibG+pUo

 ――いいか、小梅 
 ――最初に言っておく、俺はお前の味方だ 
 ――だから、正直に答えて欲しい。誰のためでもない、お前を守るためだ 
 ――何があった。お前と“あの子”の間に 

 小梅は何も言わない。 
 が、表情が何かあると言っていた。 

 ――頼む、小梅。俺を信じてくれ 
 ――お前と、お前のファン達のために 

 しばらくの説得の後、小梅の口が開いた。 

 自分は、間違いなく白坂小梅である、と。 

 プロデューサーはその続きを待った。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:24:17.30 ID:A6ibG+pUo

 小梅は続けた。 

 自分は白坂小梅だが、アイドルをしていたのは自分ではない、と。 
 正確には、自分だけではない、と。 

「“あの子”と、時々入れ替わってた……」 
「“あの子”はアイドルが好きだったから、よくアイドルになってた……」 
「でも……」 

 デビューの少し後に、小梅は旅行先のお土産として魔除けをもらった。 
 ただの民族意匠のお土産、つまらないアクセサリーのはずだった。 

 それは偶然か、魔除けは本当に力を帯びていた。 

「あれがある限り、入れ替わりは出来ない。“あの子”は私の中には入れなくなる」 

 その逆もしかり。小梅が身体を取り返すことも出来なくなるのだと。 
 入れ替わることが出来るのは寝ているときだけ。 
 つまり、寝ている間は魔除けを枕元に置いておけばいい。


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:24:52.06 ID:A6ibG+pUo

 最初に動いたのは“あの子”だった。 
 小梅から身体を奪った“あの子”は、その日から枕元に魔除けを置いた。 

 小梅は身体を戻してもらうために、ずっとつきまとっていたのだという。 

 ――アイドルとして活躍していたのは“あの子”だったのか 

「だけど、ようやく……」 

 その夜、別のアイドルの悪戯で、枕元に置いていたはずの魔除けが動かされていた。 
 それに気付かず、“あの子”は眠りについた。 

「取り戻すことが、できたの」 

 ずっとそばで見ていたから、振り付けは覚えている。 
 歌の歌詞だって覚えている。 
 “あの子”に出来て小梅にできないはずはない。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:25:19.96 ID:A6ibG+pUo

 小梅の言葉にプロデューサーも頷いた。 

 ――ああ、わかった。それじゃあ復帰は期待できるな 

「はい」 

 ――自分の身体を取り戻したんだから、頑張ってくれよ 

「はいっ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:25:48.18 ID:A6ibG+pUo


  
  
  
  
  
  
  
  
 その夜、プロデューサーは眠る小梅の枕元から、魔除けを持ち去った。 
  
  
  
  
   
  
  



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:26:15.73 ID:A6ibG+pUo

 ――おはよう 

「お、おはよう」 

 ――起き抜けに悪いが、歌とダンスの調子見せてくれ。そうだな、二時間後ぐらいで行けるか? 

「どうして?」 

 プロデューサーは笑った。 
 言うまでもない、と思ったからだ。 

「……そうだね」 

 プロデューサーは、魔除けを小梅に差し出した。 

 ――もう二度と、手放すなよ。次は無いぞ 

「うん」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:26:44.08 ID:A6ibG+pUo

 アイドル白坂小梅の快癒は、その翌日発表された。 






 プロデューサーにとっての白坂小梅とは、アイドル白坂小梅である。 

 歌い、踊る、白坂小梅である。 

 それ以外の、何者でもない。 
 


19: ◆NOC.S1z/i2 2017/01/09(月) 23:27:27.93 ID:A6ibG+pUo



  
  
  
  
 以上、お粗末様でした


元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483971422/