1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:01:49.00 ID:msX4WDTN0

亜季「おはようであります!」 

モバP「ん・・・おはよう」 

亜季「ん?いつもよりも元気が無いでありますな?どうされましたか?」 

モバP「ん~・・・亜季にはちょっと話せないかな」 

亜季「なんと!水臭いでありますプロデューサー殿!お互い背中を任せきったバディに秘密とは!」 

モバP「いやしかしだな・・・」 

亜季「少しでもプロデューサー殿のお役に立ちたいのであります!」
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:04:39.17 ID:msX4WDTN0

モバP「・・・んじゃあ話すけど実はな」 

亜季「はい!」 

モバP「こいつをある人に渡そうかどうかって迷ってるんだよ」 

亜季「小さな・・・箱?中にマガジンが入ってるとか?」 

モバP「んなので喜ぶのお前くらいだよ」 

亜季「では何が?」 

モバP「言えない」 



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:06:53.60 ID:msX4WDTN0

亜季「ほほぅ(ニヤリ)プレゼントでありますな」 

モバP「まぁそんなとこだ」 

亜季「一体誰にでありますか?」 

モバP「それこそ言えんな」 

亜季「誰にも言わないでありますから教えてくださっても」 

モバP「最重要機密だ」 

亜季「むぅ・・・ならば致し方ありません」 



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:11:41.34 ID:msX4WDTN0

亜季「しかしその程度で悩むとは男らしくありません!プロデューサー殿!真の男児ならばなよなよせずにプレゼントすべきであります!」 

モバP「いやしかし・・・」 

亜季「何を迷ってるでありますか!とっとと渡してくるであります!!さもなくばケツに火を点けるであります!」 

モバP「はぁ・・・分かったよ」 

亜季「うむ・・・賢明な判断でありm」 

スッ・・・パカッ 

モバP「俺と結婚を前提に付き合ってくれ亜季」 

亜季「・・・」 













亜季「ふぇ?」 



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:18:10.92 ID:msX4WDTN0

亜季「あ、いや・・・その・・・ちょちょっと待って欲しいであります!」 

モバP「嫌だったか?」 

亜季「あぅ・・・えぅ・・・その・・・その・・・」 

亜季「・・・戦略的撤退!」 

タッタッタッタ・・・ 

モバP「・・・やっぱ無理があったか」 



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:28:38.42 ID:msX4WDTN0

亜季「(いやいやいやいや!無理!!無理であります!!これは!最早不意打ち!奇襲作戦ならば既に我が軍は壊滅状態であります! 
    い、いくら私が急かしたとは言え急にあのような大事な・・・というかあれは指輪?BB弾やメリケンサックでは無く正真正銘指輪! 
    ほ、本気であります!冗談とかそういうのでなくもっと恐ろしい兵器であります!現に私はこのような・・・・)」 

美嘉「あれ?亜季さん?やっほー☆」 

亜季「ひゃう!」 

心「ありゃ?亜季ちゃんがそんな声出すなんてめっずらし~♪」 

亜季「ふー・・・ふー・・・お、お二人ともおはようございますであります」 

美嘉「あぁうん、おはよう」 

心「どした?汗すごいぞ?」 

亜季「いや・・・これは・・・」 

亜季「(いや待て・・・考えろ大和軍曹・・・。カリスマギャルである美嘉殿と経験豊富であろう心殿を味方に出来れば・・・この状況も)」 

亜季「・・・じ、実は」 



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:34:09.94 ID:msX4WDTN0

心「は?その状況で逃げてきた?」 

亜季「は、はい」 

心「0点」 

亜季「な!」 

美嘉「ん~・・・アタシも無いかなぁ」 

亜季「援護無しでありますか!」 

心「むしろ告られて返事もせずに逃げてきたのに何で援護貰えると思った?え?」 

美嘉「(滅茶苦茶機嫌悪い・・・そりゃそうか)」 

亜季「しかしあれは戦略的撤退で」 

心「口答えは許さないぞ☆」 

亜季「」 



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:43:11.45 ID:msX4WDTN0

美嘉「あ、亜季さんは嫌じゃないんだよね?」 

亜季「嫌じゃ・・・ない・・・であります」 

心「しゅがーはぁとも糖尿病で通院生活するレベルだわこれ」 

亜季「心殿はご病気d」 

心「誰が口開いていいって言った?☆彡」 

亜季「」 

美嘉「(ファンには見せられない顔してるなぁ)」 

心「大体はぁとだってもう26なのにまだそんな相手いないのに・・・ブツブツ」 

美嘉「と、とりあえずもう一度行ってOKすれば・・・」 

亜季「(モゴモゴ)」 

心「発言許可☆」 

亜季「あの・・・私はその・・・もう一度きちんとして欲しいのであります」 



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:50:43.48 ID:msX4WDTN0

美嘉「きちんと・・・って?」 

亜季「その・・・あのような不意打ちではなくきちんとした場所での・・・その・・・アレを・・・」 

心「青春真っただ中かよ☆」 

美嘉「でもそうだね。プロデューサーも聞いてたら不意打ち気味だったみたいだし」 

亜季「で、お二人に是非そのご協力をお願いしたいのであります!」 

美嘉「(アタシ実は経験無いんだけどなぁ・・・)」 

心「いいぞ☆はぁとがばっちり相手の心臓撃ち抜く方法教えてやるぞ♪」 

亜季「美嘉殿・・・」 

美嘉「はぁ・・・いいけどプロポーズは流石にされたことないから」 

亜季「はい!恋愛経験豊富なお二人ならば必ずこの戦いにも勝利出来るであります」 

心 美嘉「(もう既に勝ってるような気もするけど・・・)」 



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:55:36.19 ID:msX4WDTN0

亜季「ではまず何からしましょうか。有利な地形作りからでありますか?」 

心「んなもん作ってどーすんだつーの♪」 

美嘉「まずはデートに誘ってみるとか?」 

亜季「なるほど!邪魔の入らないタイマンに持ち込むでありますね!」 

美嘉「ん、ん~・・・まぁそんな認識でいっか☆」 

心「夜景の見える素敵な場所でもう一度話がしたいって言うんだぞ☆」 

亜季「分かりました!行ってくるであります!!」 



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:00:51.38 ID:msX4WDTN0

亜季「プロデューサー殿!!!」 

モバP「ん?亜季か」 

亜季「そ、その・・・」 

モバP「さっきのか?あれは忘れt」 

亜季「い、いえ!そうではなく私と・・・」 

心「(さぁ言え!”夜景の見える素敵なホテルで煩悩ビートアウトしたい”って☆)」←心配なので見に来た 

美嘉「(さっきと言ってることが違う!?)」←同じく見に来た 






亜季「私と”野戦の見える素敵な場所でもう一度お話を!”」 

モバP「・・・は?」 







心 美嘉「・・・」←(頭を抱える) 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:02:50.98 ID:msX4WDTN0

亜季「それでは!」 

タッタッタッタ・・・ 

モバP「あ、おい亜季・・・」 







心「正座☆」 

亜季「(何故このようなことに・・・)」 



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 11:35:41.61 ID:msX4WDTN0

心「どうしてこうなった?言え☆」 

亜季「いや・・・そういえば最近プロデューサー殿とサバゲーをしていない・・・と思った次第であります」 

心「な~るほど☆それで野戦の見える所で~なんて言ったのね」 

亜季「はい!」 

心「あははははは」 

亜季「ははは・・・」 







心「恋愛舐めんな☆」 

亜季「申し訳ありませぬ」 



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 11:43:39.02 ID:msX4WDTN0

美嘉「ま、まぁプロデューサーとデートの約束自体は出来たんだから」 

亜季「戦場をデート気分とは舐められたもんですな!」 

心「舐めてんのはお前だぞ☆反省しろ♪」 

亜季「はい・・・(さっきから心殿が鬼教官であります)」 

美嘉「とりあえずデートか・・・。うん!まずは服装から選ぼっか♪」 

亜季「ふく・・・そう?サバゲーで使うジャケットではいけないのでありますか!」 

心「ダメだぞ☆もっと男を悩殺するようなのがあるからとりあえず着てみろ♪」 

美嘉「亜季さんスタイル良いからちょっと大胆な服も~・・・ふふふっ♪楽しみ☆」 

亜季「(わ、私は一体どうなってしまうのでありますか!?)」 



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 11:50:06.98 ID:msX4WDTN0

美嘉「こんな感じかな♪」 

亜季「あ・・・あの・・・これは・・・」 

心「お~!似合ってる似合ってる!」 

亜季「スカート短っ・・・」 

美嘉「まぁこれはちひろさんに借りた物だからね」 

ちひろ「1時間8000マニーになります♪」 

心「高いぞ☆」 

亜季「あと・・・胸元が窮屈で・・・」 

ちひろ「1時間10000マニーになります♪」 

美嘉「(値上げした!?)」 

亜季「う、動き辛・・・」 

グググ・・・パァッン!! 

心「(ベチーン)」 

美嘉「うわぁ・・・」 

ちひろ「ボタンの取り付け一つ6000マニーになります♪」 



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 11:56:47.77 ID:msX4WDTN0

心「さぁ次は下着だぞ☆(ヒリヒリ)」 

亜季「下着もでありますか!?」 

美嘉「そこは別にいいんじゃ・・・」 

心「甘いぞ☆行けると思ったら攻めないと・・・」 

心「・・・将来貰い手に悩むんだぞ」 

美嘉「(ガチのトーンだ)」 

心「で、普段はどんなの?」 

亜季「普段?スポブラであります!激しく動いても楽で・・・あ、夜寝るときは着けn」 

心「よーし分かった。はぁとが全身全霊で選んでやるぞ♪」 



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 12:02:56.68 ID:msX4WDTN0

亜季「・・・下の方までフリフリのを着せられたであります」 

美嘉「お疲れー♪服装はこれで何とか行けるから・・・」 

心「デート中の対応とかかな?とりあえず手を繋いでみよっか☆」 

亜季「手を・・・握る・・・?」 

<ファイトー!! 
<イッパーツ!! 

心「オイ☆今何想像した。多分違うからやめとけやめとけ♪」 



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 12:07:28.90 ID:msX4WDTN0

美嘉「アタシと練習してみよっか!こうやって腕組んで・・・指絡めて・・・」 

亜季「そのまま腕を後ろに捻り上げる!」 

美嘉「イダダダダダダダ!!」 

心「誰が関節キめろつった?オイ」 

亜季「その・・・プロデューサー殿とこうすると思ったら・・・その・・・急に恥ずかしく・・・」 

心「あ~そうですかはい次やろ次」 

美嘉「急に投げやり!?」 





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 12:12:14.51 ID:msX4WDTN0

心「んじゃもう一気に抱き着いちゃえ♪」 

亜季「そ、そのような大胆な!」 

美嘉「時には大胆さも重要なの♪ほ~ら、心さんで練習♪」 

心「本気(マジ)でやれよ」 

亜季「本気で・・・いいのでありますか?」 

心「モチ☆」 

亜季「では・・・」 



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 12:15:27.23 ID:msX4WDTN0

ギュッ 

心「(おぉぅ・・・流石に凄いボリューミー☆これならプロデューサーもイチコr)」 

グググ 

心「(あ、あれ?ちょっと強すぎ?というか痛いぞ☆でも更に締め付けが・・・)」 

グググググググ 

心「ちょ!これ洒落になr・・・ぐへっ」 

グググググググググググググググ 

心「ま・・・が・・・はっ・・・」 

コキュッ☆ 



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 12:21:21.02 ID:msX4WDTN0

心「オイコラ脳筋」 

亜季「・・・」←正座 

心「やって良い事と悪い事があるぞ♪」 

亜季「いや、本気でと・・・」 

心「デート相手にベアハッグ食らわせる奴がいるとはこのはぁとの目を持ってしても見抜けないぞ☆危うく砂糖菓子で出来た背骨が粉砂糖になるところだったぞ」 

美嘉「(ごめん、流石に擁護出来ないわ)」 

亜季「(むぅ・・・これは難しい作戦になりそうであります)」 



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 22:52:44.99 ID:msX4WDTN0

心「もうまどろっこしいのはやめやめ☆」 

心「押 し 倒 せ ★」 

美嘉「心さん!?」 

心「こうベッドに押し倒してマウント取ってから・・・」 

亜季「顔面に一撃でありますね!」 

美嘉「何で亜季さんはそう好戦的なの!?」 

心「んもー☆大概にしろ☆」 

亜季「そうでも言って茶化してないと無理であります!そのような恥ずかしいこと!」 

心「ほーら、デートの帰りに”今日は帰りたくなーい☆”とか言って後はxxxxとかxxxでxxxっと・・・」 

亜季「あああああああ」 

美嘉「(うっわ・・・そんなことまで!?)」 



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 22:54:49.81 ID:msX4WDTN0

心「とりあえずこんなところかな」 

亜季「(ぷしゅぅぅぅ)」 

心「自分の事だぞ☆分かってるのか、オイ」 

亜季「はぁ・・・」 

美嘉「(これダメっぽそうだなぁ・・・)」 



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 23:04:35.49 ID:msX4WDTN0

~数日後~ 

亜季「心殿!美嘉殿!先日はありがとうございました!」 

美嘉「お♪どうだったどうだった?」 

心「詳しく聞かせろ☆」 

亜季「まず二人で野戦の見えるレストランまで行くはずだったのですが・・・」 

美嘉「(あるの!?そんなとこ!?)」 

心「(よく探したなぁオイ)」 

亜季「途中にスリ遭いまして・・・」 

美嘉「ん?」 

亜季「犯人の腕を捻り上げた後ベアハッグで撃退しました!」 

心「なんでそこ役に立った☆」 



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 23:11:10.30 ID:msX4WDTN0

亜季「いやぁレストランで食べたカレーも美味しかったでありますなぁ!」 

心「ダメだこりゃ」 

美嘉「まぁ本人が良いならイイじゃん」 

ちひろ「あ、亜季ちゃん」 

亜季「はい?」 

ちひろ「これ請求書です」 


請求書 ¥182,000マニー也 


亜季「何でこんなに高いのでありますか!?説明を求めるであります!」 

ちひろ「聞きたいですか?亜季ちゃんがよーくご存知のはずですが?」 

亜季「ふぇ!?」 

美嘉「どういうこと?」 



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 23:15:30.50 ID:msX4WDTN0

ちひろ「匂いやシミの痕跡を上手に消したつもりでしょうが・・・」 

ちひろ「バレる時はバレるもんだ♪」 

心「オイ、それって・・・」 

亜季「あわわわわわわわ・・・」 

ちひろ「ご理解出来ましたか?なんなら・・・」 

ちひろ「微かに残ってた液体についt」 

亜季「わー!わー!!それ以上はいけないであります!!!」 







美嘉「えっ?何の話だったの?結局?」 



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 23:16:54.62 ID:msX4WDTN0

おわり 


ここまで見てくださった方ありがとうございました 



元スレ http://.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485615708/